リング

古くから伝わる結婚指輪で二人を彩ろう|家族になる瞬間

2人の心がつながった証

手

左手の薬指につける意味

結婚指輪は、男女のカップルが結婚してから2人が結婚しているという証のために指にはめるもので、それまでつけていた婚約指輪を外して結婚指輪をつける人が多くいます。そしてはめる指は左手の薬指といわれていますが、なぜ左手の薬指なのかといいますと、左手の薬指から心臓まで血管が1本つながっているといわれており、指輪をはめることで男女2人の心がつながれるとの意味合いがあるというのが有力な理由といわれています。これは古代ギリシャの時代から伝わるものであり、結婚指輪の歴史は奥深く言い伝えられているのです。日本では実は指輪の歴史は浅くあるのですが、古代ギリシャの言い伝えが日本にも広がり、現在の結婚式で指輪交換が行なわれているのです。

婚約指輪も一緒に

その結婚指輪をはめるようになると婚約指輪は棚の中にしまってしまい、ずっと使わなくなるということがあります。それをもったいなく感じる人もいまして、最近では婚約指輪と結婚指輪を一緒にはめることができるデザインのものを購入する夫婦も増えてきています。婚約指輪も結婚指輪も安いものではないので、せっかくならずっとつけていきたいという気持ちを持つ人が多く、そのような人のためにずっとつけることができるデザインの指輪を販売されるジュエリーショップも出てきています。2人の心が永遠につながれる絆の証としてつける指輪なので、指に負担をかけることのない婚約指輪と結婚指輪を選んで身につけるのが、一番良い方法となるかもしれません。

魅力的なデザインの指輪

カップル

ハワイアンジュエリーの婚約指輪はショップによってデザインが大量生産のものであることもあります。さらに素材によってケアも必要です。ハワイアンジュエリーの独自の温かみのあるデザインを考慮して、さまざまな工夫をすれば二人だけの最高の婚約指輪にすることができます。

詳細

低予算から購入可能

指輪

婚約指輪はお金がかかるという理由で諦めている方は、低予算から購入できるセミオーダーでの購入がおすすめです。リング枠と石をそれぞれ選ぶことができます。ダイヤモンドのグレードによって価格は大幅に変わるので実際に横浜のジュリーショップで見てみましょう。

詳細

色によって変わる見え方

女の人

カラードレスを選ぶときには、自分の肌の色にあったものを選ぶことが必要になります。自分で判断することができないという場合には、スタッフに相談をすることができます。肌の色によって似合う色も異なっています。

詳細